読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺デブスの日記

30代後半、喪女、低学歴、低収入の救いのない日記

私が断捨離、ミニマリストにあこがれる理由

f:id:teihendebusu:20160428195034j:plain

 

私はシンプルに、必要最小限のもので生活したい。

 もともと私はあまりものに興味がないタイプ

 

特に着るもの、おしゃれなどはあまり興味ない。

唯一あるのは食へのこだわり位

 

今の部屋は収納がないので洋服箪笥があるけど、

新卒で就職したにすんでいた部屋は必要最小限の

家電(冷蔵庫、洗濯機、レンジ)ぐらいしかなかった。

テレビもなく、よくネットでラジオを聴いていた。

 

そんな私であるけど、自分のことをミニマリストとは

思わない。

 

なぜなら見えないものを持っているから。

 

それは「人並みに行きたい。それなりの仕事に就きたい」という気持ち

 

自分に自信がないから資格試験などにのめりこんでしまう。

仕事上必要ない資格なのに。

「〇〇しなければいけない」、「●●でなければならない」といったこだわりが肩に乗っている、

 

「どこの大学卒か」、「年収いくらか」が気になって仕方がない。

 

↑自分が持っていないものだから。

 

私が捨てるものはこれらの縛りであると思っている。

40手前になった今。周りからはバカにされても自分のやってきたことを

ある程度は認める必要があるのかな。

たとえ周りからは底辺であっても

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村


にほんブログ村